幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法のTOPに戻る
「幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法」トップ >  幼稚園での幼児教育 > 知的教育や、体操教室・スポーツ教室のある幼稚園。選び方と幼児教育について

知的教育や、体操教室・スポーツ教室のある幼稚園。選び方と幼児教育について





親ならば、充実した幼児教育を行っている幼稚園に通わせたいと願うことは、当然で共通の思いではないでしょうか。
親の立場で見てしまうと、幼児教育が充実している幼稚園を選びたいと考えてしまいますが、親の気持ちだけを優先してしまうと、重要なポイントを見失いかねません。
子供の為の幼稚園選びでは、その子供一人ひとりの個性を大切にし、成長過程に合わせて接してくれるところが良いようです。

幼稚園を選ぶ基準としては親の目線より、こどもの目線で選べば良いといわれています。
幼稚園がどのようにして、子供に接しているのか等、外観からは分からない部分も多いでしょう。親が良いと思う幼稚園と、子供が良いと思う幼稚園は違ってくる場合も多々あります。
その場合は、実際に子供を幼稚園に連れて行き、「子供の目線で幼稚園を選ぶ」という方法もあります。
幼稚園によっては、園内を開放して、小さなこどもと親が遊びにいける機会を設けているところもあり、ここで子供同士が、仲良しになったりする場合もあります。
そのようなチャンスを利用して、実際に通うことになる子ども自身に、幼稚園を選ばせるのもいいかもしれません。
何回か幼稚園に通ううちに、外からでは分からなかった良さなどを発見できる可能性もあります。実際の幼児教育の例として、それぞれの幼稚園でも特色があります。
知的教育のほか、体操教室やスポーツ教室など、様々な教室を用意しているところもあるでしょう。ですが、「幼児教育が充実している幼稚園に通う子は疲れている」、という報告も若干あるようです。


食事を例にとれば、わかりやすいですね。子供にとってみれば色んなメニューがあれば「あれも食べたいこれも食べてみたい」と好奇心旺盛になります。
しかし、食べすぎてしまうとお腹を壊したりします。幼稚園教育と、食事を並べるのは少し違うかもしれませんが、似たような解釈の部分も多少はあるのではないでしょうか。
そのようなところを親がよく見極めることが重要でしょう。
幼稚園での教育も、食事も腹八分目で実はちょうど良いのではないか、という意見もあるようです。




関連コンテンツ

幼稚園で発生したトラブルはやはり、「基本的に幼稚園で解決」してほしい

現代では全国のいろんな幼稚園で、多くの形態の幼児教育が行われています。幼稚園選びに関して、どのようなことに注意しなければいけないのでしょうか。まず、幼稚園で●何かトラブルが発生した時に、幼稚園側がどん・・・

幼稚園教育要領に載っている幼稚園が目指すべき幼児教育の環境

幼稚園の目指す「幼児教育」とは、一体どのような物なのでしょうか。 幼稚園に通うということは、すなわち、これまでの家庭だけでの生活を離れまったく違う世界に入っていくという事です。幼稚園の先生や遊び友達・・・

幼稚園で集団生活と人間関係の基礎を学ぶ幼児教育

赤ちゃんが成長し、乳児期を過ぎ母親に密着していた生活から、少しずつ自立し離れて幼児期に入ります。人間生活の基礎を学ぶ時期として、幼児期は、とても大切な時期であるといわれています。 「幼児期」とは、お・・・