幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法のTOPに戻る
「幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法」トップ >  幼稚園での幼児教育 > 幼稚園で集団生活と人間関係の基礎を学ぶ幼児教育

幼稚園で集団生活と人間関係の基礎を学ぶ幼児教育





赤ちゃんが成長し、乳児期を過ぎ母親に密着していた生活から、少しずつ自立し離れて幼児期に入ります。人間生活の基礎を学ぶ時期として、幼児期は、とても大切な時期であるといわれています。
「幼児期」とは、およそ2歳くらいの年齢から呼ばれるそうです。そして、この重要な時期に様々な教育を行おうとするのが幼児教育です。

「幼児教育」と聞いてまず、最初に思い浮かぶのは幼稚園である、という方もいらっしゃるでしょう。家庭の中での幼児教育にはやはり限界があります。それぞれの家庭ではできない幼児教育をする場所が幼稚園なのかもしれません。


幼稚園には、一緒に遊ぶお友達や先生がおり、自由に遊びまわれる広い園庭があり、
家にないおもちゃや遊具が多くあります。また、生まれて初めての集団生活の場所となります。家庭生活では不可能な幼児教育を幼稚園で提供してくれます。

幼児期になると、子供は外の世界に対して積極的に興味を持つようになります。身体の成長も著しく、運動能力もみるみる高まっていきます。少しずつですが、自分自身で物事を考えることができるようになり、その考えた結果に対して、行動ができるようにもなります。一緒に遊ぶ近所のお友達や、身近にいる大人達も増え、人間関係が広がっていきます。
現在、全国におよそ14000ほどの幼稚園があり、満3歳から小学校に入学するまでの間、幼稚園に通園できます。ここで、様々な形の幼児教育を行っています。
1年間から3年間と、幼稚園に通う期間は選ぶことができますが、
最近では3年間通園する人が多いようです。集団行動に慣れるための第一歩にもなるでしょう。




関連コンテンツ

幼稚園で発生したトラブルはやはり、「基本的に幼稚園で解決」してほしい

現代では全国のいろんな幼稚園で、多くの形態の幼児教育が行われています。幼稚園選びに関して、どのようなことに注意しなければいけないのでしょうか。まず、幼稚園で●何かトラブルが発生した時に、幼稚園側がどん・・・

知的教育や、体操教室・スポーツ教室のある幼稚園。選び方と幼児教育について

親ならば、充実した幼児教育を行っている幼稚園に通わせたいと願うことは、当然で共通の思いではないでしょうか。 親の立場で見てしまうと、幼児教育が充実している幼稚園を選びたいと考えてしまいますが、親の気・・・

幼稚園教育要領に載っている幼稚園が目指すべき幼児教育の環境

幼稚園の目指す「幼児教育」とは、一体どのような物なのでしょうか。 幼稚園に通うということは、すなわち、これまでの家庭だけでの生活を離れまったく違う世界に入っていくという事です。幼稚園の先生や遊び友達・・・