幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法のTOPに戻る
「幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法」トップ >  英語教育の疑問 > 幼児教育で子供の内面の成長をめざす!価値観や世界観を学ばせよう

幼児教育で子供の内面の成長をめざす!価値観や世界観を学ばせよう





幼児期からの本当の英語教育の目的は、もしかしたら、子供の内面に対しての成長にあるかもしれません。
普段の日常生活で、英語に触れる環境で生活していると、日本とは違う世界が存在するという事実を知り、その意識を持つようになります。日本人とは違う価値観や世界観を持った人がいるということを、当然のように受け入れるのです。
バイリンガルでない人は「正解は1つである。」と決めたがるのに対し、「正解はいくつもあるのだ。」という考え方を持っているのが、バイリンガルの人だという説もあります。

親御さんの中で、せっかく早い時期から英語の教育に取り組んでいて
「もしかしたら日本語な発達に悪い影響を与えるのではないか、…」という疑問を持つ人が出てきます。早期から取り組んでいると、安心感と同時に不安や迷いも出てきて
、それが悪い結果につながってしまうならば とても残念なことです。

日本語の習得をおろそかにすることはもちろん問題でしょう。
ですが、複数の言葉をマスターしたバイリンガルの子供は、自分の囲りの状況に応じて
自然に言葉を使いわけているようです。なので複数の言葉を同時に習得しようとしている場合、片方の言葉のマスターが遅れるということはないそうです。言葉が自然に出て、「頭の中で混乱する」などということはありません。


英語も日本語も両方話せる子供と、日本語しか話せない子供に表面的な違いはみつかりません。幼児教育で英語を教育した結果、「英語の点数が良い」・「発音が美しい」といった、目に見える部分の成果はあります。
違いがあるとしたら、物事の考え方でしょう。
色んな文化を受け入れ、様々な考えを持つ人々を受け入れる姿勢は、のちのち大きな財産になってくると思います。




関連コンテンツ

早期英語教育の疑問・バイリンガルをめざしていたのに

早期英語教育として感じることですが、たくさんの英語の言葉を残すより、楽しい思い出を残したほうがいい、と言える事もあるようです。 こう言ってしまうと、せっかくの早期からの英語が、無駄のように聞こえてし・・・

英語と日本語をスムーズに同時にマスターする為の早期英語教育

一般的に、幼児教育で英語を学ばせる場合は、早く始めたほうが良いと言われています。バイリンガリズムの、ある研究結果によれば、3歳になる前の幼児にとっては「外国の言葉」と「自国の言葉」という区別はない様で・・・