幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法のTOPに戻る
「幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法」トップ >  英語教育の疑問 > 早期英語教育の疑問・バイリンガルをめざしていたのに

早期英語教育の疑問・バイリンガルをめざしていたのに





早期英語教育として感じることですが、たくさんの英語の言葉を残すより、楽しい思い出を残したほうがいい、と言える事もあるようです。
こう言ってしまうと、せっかくの早期からの英語が、無駄のように聞こえてしまいますので誤解を招くかもしれません。
例えば、生まれた時から9歳頃まで外国暮らしをした子供が、その後日本に帰国してから、それらの言葉をほとんど使用しない環境になった人がいるとします。
そのような人は成長していくうちに、覚えていた外国の言葉を話せなくなってしまうそうです。要するに、幼い頃に覚えたとしても「一生覚えている」ということはあまり無いようです。
それから、途中で外国暮らしをするようになった子供は、大人に比べると現地の言葉を覚えるのは早いそうです。子供は大人と比較して周囲との同化意識が強いので、現地の人々と触れ合っていくうちに、周囲に溶け込み、早く環境になじんでいくのです。


また、幼い頃に英語圏の国で暮らし、英語が饒舌な状態で日本に帰国したにもかかわらず、その後、大人になったら英語が話せなくなったということも耳にしますね。

早期から幼児教育として英語の教育に取り組んだ結果、少しでも英語をマスターできたとします。幼児期の英語教育で得られた成果というものは、大人になってからでもそのまま残っているのでしょうか。

家庭での教育でたくさんの英語に触れ、ある程度の英語を覚えたとしても、幼稚園や保育園・小学校になどに通うようになれば、段々と家庭で覚えた英語は忘れてしまうかもしれません。
ですが、英語教育を通してのコミュニケーションや親との触れ合いが楽しかったなら、
思い出として一生残っていくでしょう。楽しい思い出を作っておけば、将来自分で積極的に英語の勉強に取り組む可能性もあります。
言葉を残すより、楽しい思い出を…というのは、それを指すようです。




関連コンテンツ

幼児教育で子供の内面の成長をめざす!価値観や世界観を学ばせよう

幼児期からの本当の英語教育の目的は、もしかしたら、子供の内面に対しての成長にあるかもしれません。 普段の日常生活で、英語に触れる環境で生活していると、日本とは違う世界が存在するという事実を知り、その・・・

英語と日本語をスムーズに同時にマスターする為の早期英語教育

一般的に、幼児教育で英語を学ばせる場合は、早く始めたほうが良いと言われています。バイリンガリズムの、ある研究結果によれば、3歳になる前の幼児にとっては「外国の言葉」と「自国の言葉」という区別はない様で・・・