幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法のTOPに戻る
「幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法」トップ >  英語教育の疑問 > 英語と日本語をスムーズに同時にマスターする為の早期英語教育

英語と日本語をスムーズに同時にマスターする為の早期英語教育





一般的に、幼児教育で英語を学ばせる場合は、早く始めたほうが良いと言われています。バイリンガリズムの、ある研究結果によれば、3歳になる前の幼児にとっては「外国の言葉」と「自国の言葉」という区別はない様です。日本語も英語も、認識しているわけではないのです。

ある専門家は、英語をマスターできる期間として、毎日必ず1時間ほど英語を使用する環境で、だいたい14年くらい必要だという方もいます。例え早く始めたとしても、英語を習得するまでの時間はあまり変わらず、ある程度の期間必要なようです。
ただし、英語と日本語をスムーズに同時にマスターさせたい、というのならば、早期英語教育に取り組むべきでしょう。

言葉を覚える段階で、順番に、英語と日本語を聞かせた場合、「これは日本語」「これは英語」というように認識してはいないそうです。その為、区別なく、どちらの言葉でも抵抗感なく吸収していきます。3歳になるまでは英語と日本語を同時に身につけさせていくチャンスであるでしょう。
幼児教育として日本語と英語を同時に身につけさせたいご家庭は、英語教育は3歳までに、始めるほうがいいかもしれません。


しかし、ひとつの言葉は先ほど述べたとおり、自由自在に話せるようになるまで、相当な年月を必要とします。
「1歳から英語教育を始めたので、4歳になったらペラペラに英語を完璧に話すことができるようになった」ということは、まず無いでしょう。1歳から始めたとしても、
英語で誰とでも自由に話せるようになる頃は16歳頃ということです。
10歳から始めて14年後の24歳前後になるよりは、1歳から始めて14年かけるほうが早い時期に身に付く、ということのようです。ずっと続けていくことが大切ですね。




関連コンテンツ

幼児教育で子供の内面の成長をめざす!価値観や世界観を学ばせよう

幼児期からの本当の英語教育の目的は、もしかしたら、子供の内面に対しての成長にあるかもしれません。 普段の日常生活で、英語に触れる環境で生活していると、日本とは違う世界が存在するという事実を知り、その・・・

早期英語教育の疑問・バイリンガルをめざしていたのに

早期英語教育として感じることですが、たくさんの英語の言葉を残すより、楽しい思い出を残したほうがいい、と言える事もあるようです。 こう言ってしまうと、せっかくの早期からの英語が、無駄のように聞こえてし・・・