幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法のTOPに戻る
「幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法」トップ >  英語の幼児教育 > 英語のDVDや、絵本教材で幼児教育を!映像内容や保管場所について

英語のDVDや、絵本教材で幼児教育を!映像内容や保管場所について





幼児教育の方法として、文字の教材や映像を使うことはオーソドックスな方法ですが、
英語に関する幼児教育においてもまた、文字の教材や映像はとても一般的です。
2歳〜3歳にさしかかってくるとテレビ番組やビデオ、それからDVDや、絵本などを利用してみてはどうでしょう。

本屋さんに足を運んでみると、英語に関する絵本は意外にたくさんの種類が販売されています。いくつか試してみると良いかも知れません。そして子供が見たい時にすぐに取り出せるよう、絵本などは手に届く場所におきましょう。
3歳くらいになると絵本への興味も積極的になります。

親も子どもと一緒に楽しむ事ができるのならばベストですが、毎日のことですし、ずっとかかりっきりにもできないでしょう。家事の間に、テレビなどの映像に子守りの相手をしてもらうのもひとつの方法です。
長時間にわたってテレビに子守をお願いするのは問題がありますが、短い時間であれば良いと思います。このときも、絵本と同じように、英語のDVD等を、子供の手に届くところに保管することで、お気に入りを子供に選ばせることもできます。
こうして日常生活に英語が溶け込んでくるでしょう。
ここで注意しなければならない点です。ビデオやDVD等は長時間流し続けることで、身体に悪影響を及ぼすという報告があります。
ダラダラ見せない、見終わったらすぐにスイッチを切るなど、こまめに気配りすることが重要です。

映像で見たものは、実体験での経験がつながって初めて意味を持ってくるそうです。ですので、DVDやビデオ等の映像内容は、子供の実体験や生活に近いものを選んであげるといいですし、興味を示しやすいです。

DVDや、絵本をいつでも取り出せる状態にしておけば、子供が好きな時に取り出せるので、そのような環境づくりが、より英語を習慣化できることにつながると思います。
家庭でのルールをしっかり決めておくことも大切です。




関連コンテンツ

幼児の言語能力を伸ばす英語のおもちゃで親子のコミュニケーションを

動きも活発になって来て、身体も大きく成長するのが1歳児です。そして、あれもこれもと何でも自分でやらないと満足しない時期にさしかかります。 このような時期は、親が「幼児教育としての英語」などと頑張らず・・・

子供が積極的に興味を示す教材・年齢や趣味に合った教材を選ぶ

子供に何か幼児教育を、と考えていてまず思い浮かぶのは英語教育でしょう。 幼児教育のうちで最も人気があるのは英語であると言っても過言ではないと思います。国際化の時代ですので、少しでも小さなうちから英語・・・