幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法のTOPに戻る
「幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法」トップ >  英語の幼児教育 > 幼児の言語能力を伸ばす英語のおもちゃで親子のコミュニケーションを

幼児の言語能力を伸ばす英語のおもちゃで親子のコミュニケーションを





動きも活発になって来て、身体も大きく成長するのが1歳児です。そして、あれもこれもと何でも自分でやらないと満足しない時期にさしかかります。
このような時期は、親が「幼児教育としての英語」などと頑張らずに、子供と一緒に楽しんでみるスタンスではどうでしょうか。
幼児の言語能力は、一方通行ではなくお互いにやりとりを加える事によって、飛躍的に向上するといわれています。ただ教材を与えるのではなく、親が教材を間にして子供とのコミュニケーションを図りながら、英語に慣れていくことが必要となってきます。

幼児教育の一環で英語教育を行うときの教材は、どのようなものが良いか考えてみます。ふれると英語の歌やアルファベットの音、単語などの音が出るおもちゃは、子供も興味を示しやすいですし適しているでしょう。
また、絵本などにアルファベットが書いてあるものも良いかもしれません。

子供が少しずつ、話す事ができるようになると、英語で話しかけてみたいという方もいるでしょう。英語はうまく話せないという方でも、知っている単語はいくつかあると思います。
英語教室の先生ではないのですから、すべてを英語で話さなくてはならない、などと決めずにいるとリラックスできて良いと思います。日本語で話しかけるのと同じように、
簡単な単語レベルで話しかけるだけで十分なのではないでしょうか。
目的は、親子のコミュニケーションなのです。


1歳を過ぎたら親子揃って、英語のアニメDVDなどを楽しむ事もできるようになります。英語の映像に合わせて歌ったり踊ったりリズムをとるのです。
しかし、長時間、映像を見せ続けると、「言葉を理解する言語能力」や「社会性に悪影響を及ぼす」という報告もありますので、気をつけなければならないポイントです。

幼児教育のつもりで長時間、DVDを流していると、逆効果で本末転倒になってしまう可能性があるのです。
あくまでも、短時間のコミュニケーションツールとして使用を心がけましょう。




関連コンテンツ

英語のDVDや、絵本教材で幼児教育を!映像内容や保管場所について

幼児教育の方法として、文字の教材や映像を使うことはオーソドックスな方法ですが、 英語に関する幼児教育においてもまた、文字の教材や映像はとても一般的です。 2歳〜3歳にさしかかってくるとテレビ番組や・・・

子供が積極的に興味を示す教材・年齢や趣味に合った教材を選ぶ

子供に何か幼児教育を、と考えていてまず思い浮かぶのは英語教育でしょう。 幼児教育のうちで最も人気があるのは英語であると言っても過言ではないと思います。国際化の時代ですので、少しでも小さなうちから英語・・・