幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法のTOPに戻る
「幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法」トップ >  英語の幼児教育 > 子供が積極的に興味を示す教材・年齢や趣味に合った教材を選ぶ

子供が積極的に興味を示す教材・年齢や趣味に合った教材を選ぶ





子供に何か幼児教育を、と考えていてまず思い浮かぶのは英語教育でしょう。
幼児教育のうちで最も人気があるのは英語であると言っても過言ではないと思います。国際化の時代ですので、少しでも小さなうちから英語に慣れさせてあげたいというのが親心です。
0歳児の赤ちゃんに対しては「英語教育をする」などという考えではなく、教材をうまく利用して、親と子のコミュニケーションを図るツールというように考えてみてはどうでしょうか。親も「幼児教育としての英語」という意識を持たないことが大切であるようです。

0歳児ですと英語はもちろん、日本語もまだ話すことができない状態です。そのため、知っている単語もほとんどないので、音を聞かせるだけで十分であるといわれています。聞いている音も「これは英語である」という意識が全くないので、あくまでも遊びの延長気分で音を聞かせてあげましょう。
CDやテープなど、英語の曲の童謡などはいかがでしょうか。
よく本などで「子供の年齢や趣味に合った教材を選んであげてください」と書かれていますが、実際にどのような教材を選んであげたらいいのか迷うところです。
ベストなのは、子供が積極的に興味を示すと思えるような教材ですが、それが難しいならば、
親が「この教材はかわいらしい」とか「子供とこの教材で一緒に遊んでみたい」とか
と感じる教材、それくらいの理由で気軽に選んでみてはどうでしょうか。

子供が0歳などのこの時期は「子供のための英語教育」ということを親も勉強していく必要があります。ですので、様々な教材を試してみるのも良いでしょう。その中で子供が興味を示したものが良いと思います。
あまり教材選びに神経質にならずに居てよいのではないでしょうか




関連コンテンツ

英語のDVDや、絵本教材で幼児教育を!映像内容や保管場所について

幼児教育の方法として、文字の教材や映像を使うことはオーソドックスな方法ですが、 英語に関する幼児教育においてもまた、文字の教材や映像はとても一般的です。 2歳〜3歳にさしかかってくるとテレビ番組や・・・

幼児の言語能力を伸ばす英語のおもちゃで親子のコミュニケーションを

動きも活発になって来て、身体も大きく成長するのが1歳児です。そして、あれもこれもと何でも自分でやらないと満足しない時期にさしかかります。 このような時期は、親が「幼児教育としての英語」などと頑張らず・・・