幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法のTOPに戻る
「幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法」トップ >  アルクの「英語」・幼児教育 > アルクのCDを聴いて英語を覚える幼児教育法でバイリンガル

アルクのCDを聴いて英語を覚える幼児教育法でバイリンガル





アルクの教材は、CDを聴くというコンセプトですので、胎児の段階からアルクの教材を使用することができます。乳幼児など、早期からの幼児教育を考えている方には教材としてお勧めです。
乳幼児期は聞いた言葉をどんどん吸収していく時期なのです。この時期に繰り返し、何度も英語を聞かせることで、英語を聞き取る耳の機能を養っていこうとするものです。
これが、アルクの教材の特徴です。アルクでは幼児教育として長年培ってきたノウハウがあり、長年の経験による教材開発がされています。

キャッチフレーズは、「0歳時から始めるバイリンガル教育」というもので、英語の教材を提供しています。0歳から3歳までの乳幼児には「エンジェルコース」というプログラムが提供されています。エンジェルコースというのは、1日30分間、教材のCDを聞かせるというものです。
1日30分のヒヤリングを毎日繰り返すことにより、耳の機能の向上を図っていくことができます。そのCDには、遊び歌やマザーグースなどのほか、アンデルセン童話やグリム童話が収録されています。
それから、母親の優しい声が子供に語りかける、親と子供の会話等も収録されています。「親子の会話」や「童話」の合間には、クラッシック・胎教で有名なモーツァルトの曲が収められています。集中力や記憶力などを高める効果や、リラックス効果があるといわれているのが、モーツァルトの曲です。


また、これらの効果を期待すること以外に、さまざまな音域の音を聞き取れる耳の機能を高めていく目的もあるようです。エンジェルコースのナレーションはイギリス英語となっています。アメリカ英語でないのはなぜでしょう。
イギリスと、アメリカでは周波数が違うのです。イギリス英語の周波数の方が、アメリカ英語のそれよりも高いといわれています。
幅広い周波数の音に対応できるように、イギリス英語を採用しているようです。
それが、アルクのこだわりです。




関連コンテンツ

アルクの「Kiddy CAT英語教室」で幼稚園児から小学校低学年まで!

アルクの「Kiddy CAT英語教室」には「Aコース」と「Bコース」が用意されています。まず、子供を幼児教育の英語を学ぶ一環で、アルクの「Kiddy CAT英語教室」に通わせるのであれば、幼稚園の年中・・・

アルクの「Kiddy CAT英語教室」で親子一緒に「アルクのabc」しよう

アルクには、「Kiddy CAT英語教室」というものがあります。幼児の英語教育に関して、持ち合わせているいろんなノウハウを活かし、全国でおよそ1000もの英語教室を運営しているのです。 教室では先生・・・

アルクの教材、「アルクのabc DVDボックス」で英語の発音を自然に学ぼう

6歳くらいまでの幼児教育をされる為に、「アルクのabc DVDボックス」という教材が用意されています。そして、0歳からの乳幼児に「エンジェルコース」というプログラムがあるので、それを組み合わせて、幼児・・・