幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法のTOPに戻る
「幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法」トップ >  幼児教育の関連豆知識 > ダンスや音楽や絵画などの芸術分野でリズム感や感受性を養う幼児教育

ダンスや音楽や絵画などの芸術分野でリズム感や感受性を養う幼児教育





リズム感や感受性は早期から学ばせた方が、より敏感になるという考えがあります。早期からこの分野の幼児教育に取り組むことで、豊かなリズム感や感受性を育てることが目的になります。
幼児教育というと、学習関係を想像しますが、ダンスや音楽や絵画、などの芸術教育も存在します。いろいろな教室で芸術分野の教育に取り組んでいます。


その中で、例えば「絶対音感」があります。
絶対音感は、2歳〜3歳、遅くとも4歳までに訓練すると習得が早いと言われているもので、6歳を超えると、絶対音感は、訓練してもモノにすることはできません。この「絶対音感」のマスターに関しては、科学的に証明されているようです。
小さい頃にリズムに合わせて身体を動かすことが得意であれば、大きくなってもリズムに合わせて身体を動かせるようになるでしょう。
様々な音や色に触れて、その過程を体験したり楽しんだりすることにより、神経の働きはよりよくなります。
しかし、これらの早期幼児教育が、特別ずばぬけた才能につながっていくのでしょうか。多くは、その分野が早期からの幼児教育の結果、多少得意になる、というレベルであるようです。(例外もあります)


そのため、ダンスや音楽や絵画等を習わせたい時などには、子供の成長段階や、その子の持つ感性に見合った方法で習わせたらいい様です。指導の仕方や内容をよく調べ、子供にとって丁寧かどうか、無理のない方法であるかを確認し習わせてあげることが大切です。子供が喜んで行かなくては、意味がないのも頭に入れておきたいですね。
そもそも3歳や4歳くらいで、芸術分野での上達を求めることは無理な事かもしれません。
芸術分野での幼児教育は上達を求めるというより、楽しく遊びながらリズム感覚を訓練することに目的があるといえます。




関連コンテンツ

幼児教育番組を活用!「NHK教育テレビ」・「ミッキーマウスクラブハウス」・「セサミストリート」などで!

幼児教育の為のテレビのチャンネルで、まず頭に思い浮かぶものといったら「NHKの教育テレビ」ではないでしょうか。 その名の通り教育テレビは、「幼児教育の為に作られた番組」が繰り返しリピート放送されてい・・・

脳への刺激と脳の発達回路は幼児の早期教育と関係あるか

脳の発達とはどのようなことを指すのでしょう。脳の発達とは脳細胞の繋がりのことをいいます。脳細胞には突起がついていて、その突起と突起の間に、電気が通りやすい回路をつくっていく事になります。これが脳細胞の・・・

脳細胞を刺激して、バイリンガルにしたいと願う幼児教育

これからは国際化の時代であるといわれています。その為、わが子には是非バイリンガルになって欲しいと願う親も少なくありません。 「英語を上手に話すことが出来ない」「英語にコンプレックスを持っている」親で・・・

幼児教育は、しまじろうと一緒に、「ほっぷ」「すてっぷ」「じゃんぷ」教材で

幼児の間で、とても有名なキャラクターといえばご存じ「しまじろう」です。「しまじろう」はベネッセコーポレーションの幼児教育の教材、幼児向けの「こどもちゃれんじ」に登場するキャラクターです。「しまじろう」・・・

幼児教育は妊娠中から2歳〜3歳で決まる。性格形成時期は重要!

最近のある研究結果において、大切なことがわかってきました。性格に与える影響というのは遺伝子ではなく、育てられた環境が大きくかかわっているようです。妊娠中の 9ヶ月の胎児期から2歳までの間に、どんな環・・・

レヴァイン博士の説く、幼児教育で「子供を成功に導く方法」

有名なレヴァイン博士(アメリカの小児医学教授)は、「子供を成功させる方法」の7つの条件を唱えています。幼児教育を行う際にこの内容は、とても参考になる事ですのでご紹介いたします。 ●1…・・・