幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法のTOPに戻る
「幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法」トップ >  幼児教育の関連豆知識 > 脳への刺激と脳の発達回路は幼児の早期教育と関係あるか

脳への刺激と脳の発達回路は幼児の早期教育と関係あるか





脳の発達とはどのようなことを指すのでしょう。脳の発達とは脳細胞の繋がりのことをいいます。脳細胞には突起がついていて、その突起と突起の間に、電気が通りやすい回路をつくっていく事になります。これが脳細胞の繋がりです。
この繋がりがうまく出来て、機能が向上していくことで、脳が発達していく様子を指すようです。
100億個以上あると言われている脳の細胞ですが、これらの細胞が非常に複雑な回路を組み上げていくのです。しかし、これら多くの組み合わせも、すべて使用するのかというと、そういう訳ではありません。
せっかく結合した組み合わせでも、使用しない回路は解体されていきます。組み合わせを作る作業と解体していく作業は、えんえんと一生続くものだと言われています。

幼児教育では脳への刺激が大切なのだと一般的にはいわれています。
3歳くらいの、脳が急速に発達する時期に幼児教育を行うとよい、というひとつの考えもあります。脳への刺激は、3歳位までの敏感な時期に行わなければならず、あとになってからでは、すでに遅いという話も聞いたりしますが…本当でしょうか。
脳が急速に発達するという3歳までに作られた回路も、使用しなければその後、解体されてしまうようなのです。3歳までの脳に、多くの刺激を与えたとしても、使用せず消滅してしまうのならば意味があるとは思えません。
子供が、多くの刺激を受動的に受けるというより、本人による自発的な刺激を受ける機会や雰囲気などを作ってあげることの方が大切であるようにも思えます。
テレビをずっと見せているよりは、土の匂いを感じたり、自然の中で風を感じたり、虫と戯れたり、本物の川の水に触れたりという刺激が脳にとってはいいように感じます。

違う観点からみると、特別な刺激を与えなくてもいいのかもしれません。
それもひとつの考えでしょう。




関連コンテンツ

幼児教育番組を活用!「NHK教育テレビ」・「ミッキーマウスクラブハウス」・「セサミストリート」などで!

幼児教育の為のテレビのチャンネルで、まず頭に思い浮かぶものといったら「NHKの教育テレビ」ではないでしょうか。 その名の通り教育テレビは、「幼児教育の為に作られた番組」が繰り返しリピート放送されてい・・・

ダンスや音楽や絵画などの芸術分野でリズム感や感受性を養う幼児教育

リズム感や感受性は早期から学ばせた方が、より敏感になるという考えがあります。早期からこの分野の幼児教育に取り組むことで、豊かなリズム感や感受性を育てることが目的になります。 幼児教育というと、学習関・・・

脳細胞を刺激して、バイリンガルにしたいと願う幼児教育

これからは国際化の時代であるといわれています。その為、わが子には是非バイリンガルになって欲しいと願う親も少なくありません。 「英語を上手に話すことが出来ない」「英語にコンプレックスを持っている」親で・・・

幼児教育は、しまじろうと一緒に、「ほっぷ」「すてっぷ」「じゃんぷ」教材で

幼児の間で、とても有名なキャラクターといえばご存じ「しまじろう」です。「しまじろう」はベネッセコーポレーションの幼児教育の教材、幼児向けの「こどもちゃれんじ」に登場するキャラクターです。「しまじろう」・・・

幼児教育は妊娠中から2歳〜3歳で決まる。性格形成時期は重要!

最近のある研究結果において、大切なことがわかってきました。性格に与える影響というのは遺伝子ではなく、育てられた環境が大きくかかわっているようです。妊娠中の 9ヶ月の胎児期から2歳までの間に、どんな環・・・

レヴァイン博士の説く、幼児教育で「子供を成功に導く方法」

有名なレヴァイン博士(アメリカの小児医学教授)は、「子供を成功させる方法」の7つの条件を唱えています。幼児教育を行う際にこの内容は、とても参考になる事ですのでご紹介いたします。 ●1…・・・