幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法のTOPに戻る
「幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法」トップ >  幼児教育の関連豆知識 > 脳細胞を刺激して、バイリンガルにしたいと願う幼児教育

脳細胞を刺激して、バイリンガルにしたいと願う幼児教育





これからは国際化の時代であるといわれています。その為、わが子には是非バイリンガルになって欲しいと願う親も少なくありません。
「英語を上手に話すことが出来ない」「英語にコンプレックスを持っている」親であればなおさらです。小さい幼児に沢山の刺激を与えたとしても、本当に必要でなければ身についていく事はあまりないといえます。刺激を与えるだけの幼児教育はほとんど意味が無いともいわれています。
英語を習得させたいのであれば、英語を聞いたり話したりする事による喜びを、子供に与えてあげることが重要であるようです。

たとえば、6歳までアメリカで生活していて自由に英語を操ることができる子供であっても、日本に帰国し、しばらくすると英語がしゃべれない子供になってしまうといいます。実際にそのような子供は多くいます。日本で生活する環境に英語は必要ではないからです。それに、6歳では英語が話せることからくる喜びを、見出すことができないからです。
日本では、幼児教育として、英語の曲を聞かせたり、英語のビデオを見せたりして、早期から英語の幼児教育に取り組んでいます。
言葉の習得は、その言葉を話すことによる喜びがあるかどうか、またその言葉が必要であるかという事を体で感じ、ないと覚えられません。英語の刺激を与えたとしても、自分の役に立たなければ記憶から少しずつ消えてしまうのです。使用していない回路は、脳細胞も解体されてしまいます。


幼児期からの継続的な教育も必要ですがそれだけではなく、もう少し大きくなって子供本人が、別の目的を探して欲しいと思います。そうすれば「なぜ英語をマスターしなければならないのか」、という目的に向かって学習できますし、習得も楽しくすぐにできる可能性は高いです。このような場合であれば英語も記憶に残っていきます。




関連コンテンツ

幼児教育番組を活用!「NHK教育テレビ」・「ミッキーマウスクラブハウス」・「セサミストリート」などで!

幼児教育の為のテレビのチャンネルで、まず頭に思い浮かぶものといったら「NHKの教育テレビ」ではないでしょうか。 その名の通り教育テレビは、「幼児教育の為に作られた番組」が繰り返しリピート放送されてい・・・

ダンスや音楽や絵画などの芸術分野でリズム感や感受性を養う幼児教育

リズム感や感受性は早期から学ばせた方が、より敏感になるという考えがあります。早期からこの分野の幼児教育に取り組むことで、豊かなリズム感や感受性を育てることが目的になります。 幼児教育というと、学習関・・・

脳への刺激と脳の発達回路は幼児の早期教育と関係あるか

脳の発達とはどのようなことを指すのでしょう。脳の発達とは脳細胞の繋がりのことをいいます。脳細胞には突起がついていて、その突起と突起の間に、電気が通りやすい回路をつくっていく事になります。これが脳細胞の・・・

幼児教育は、しまじろうと一緒に、「ほっぷ」「すてっぷ」「じゃんぷ」教材で

幼児の間で、とても有名なキャラクターといえばご存じ「しまじろう」です。「しまじろう」はベネッセコーポレーションの幼児教育の教材、幼児向けの「こどもちゃれんじ」に登場するキャラクターです。「しまじろう」・・・

幼児教育は妊娠中から2歳〜3歳で決まる。性格形成時期は重要!

最近のある研究結果において、大切なことがわかってきました。性格に与える影響というのは遺伝子ではなく、育てられた環境が大きくかかわっているようです。妊娠中の 9ヶ月の胎児期から2歳までの間に、どんな環・・・

レヴァイン博士の説く、幼児教育で「子供を成功に導く方法」

有名なレヴァイン博士(アメリカの小児医学教授)は、「子供を成功させる方法」の7つの条件を唱えています。幼児教育を行う際にこの内容は、とても参考になる事ですのでご紹介いたします。 ●1…・・・