幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法のTOPに戻る
「幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法」トップ >  幼児教育の関連豆知識 > 幼児教育は、しまじろうと一緒に、「ほっぷ」「すてっぷ」「じゃんぷ」教材で

幼児教育は、しまじろうと一緒に、「ほっぷ」「すてっぷ」「じゃんぷ」教材で





幼児の間で、とても有名なキャラクターといえばご存じ「しまじろう」です。「しまじろう」はベネッセコーポレーションの幼児教育の教材、幼児向けの「こどもちゃれんじ」に登場するキャラクターです。「しまじろう」はベネッセコーポレーションが提供する英語の教材にも登場します。
3つのコースが用意されていて、お子様の年齢にあったコースを選ぶことができ、幼児の英語学習のステップアップを約束してくれます。

内容としましては、「ほっぷ」が、3歳から4歳向けの教材、「すてっぷ」が、4歳から5歳向けの教材、「じゃんぷ」が、5歳から6歳向けの教材になります。通信教育ですので、2ヶ月に1回の割合で自宅に教材が届くシステムです。その為、子供に負担をかけることなく、無理をせず着実に教材をこなしていくことができる様になっています。

NHK教育チャンネルの人気英語番組に登場したキャラクターは「エリックさん」と「JB」です。旺文社から販売されている「ヤミーボックス」という英語教材は、NHKの教育番組「英語であそぼ」から誕生した英語教材です。「ヤミーボックス」には、「JB」と「エリックさん」が登場し、子供たちに英語の魅力を伝えています。絵本にペンを載せてペンタッチすると英語の音が聞こえるのが、「エクスパット」というものです。難しいとされる英語の自然な発音方法を、エクスパットを使用することにより、習得できるものです。
購入者特典などで、インターネットを利用したサポートもありますので、トラブル発生時などには心強い味方になってくれ安心して利用できることでしょう。幼児教育は通信教育でもできるのです。
「しまじろう」や「エリックさん」などのキャラクターと一緒に、英語の世界に踏み込んでみるのはどうでしょうか。お子様も「しまじろう」と一緒だと、覚えやすいかも知れませんね。




関連コンテンツ

幼児教育番組を活用!「NHK教育テレビ」・「ミッキーマウスクラブハウス」・「セサミストリート」などで!

幼児教育の為のテレビのチャンネルで、まず頭に思い浮かぶものといったら「NHKの教育テレビ」ではないでしょうか。 その名の通り教育テレビは、「幼児教育の為に作られた番組」が繰り返しリピート放送されてい・・・

ダンスや音楽や絵画などの芸術分野でリズム感や感受性を養う幼児教育

リズム感や感受性は早期から学ばせた方が、より敏感になるという考えがあります。早期からこの分野の幼児教育に取り組むことで、豊かなリズム感や感受性を育てることが目的になります。 幼児教育というと、学習関・・・

脳への刺激と脳の発達回路は幼児の早期教育と関係あるか

脳の発達とはどのようなことを指すのでしょう。脳の発達とは脳細胞の繋がりのことをいいます。脳細胞には突起がついていて、その突起と突起の間に、電気が通りやすい回路をつくっていく事になります。これが脳細胞の・・・

脳細胞を刺激して、バイリンガルにしたいと願う幼児教育

これからは国際化の時代であるといわれています。その為、わが子には是非バイリンガルになって欲しいと願う親も少なくありません。 「英語を上手に話すことが出来ない」「英語にコンプレックスを持っている」親で・・・

幼児教育は妊娠中から2歳〜3歳で決まる。性格形成時期は重要!

最近のある研究結果において、大切なことがわかってきました。性格に与える影響というのは遺伝子ではなく、育てられた環境が大きくかかわっているようです。妊娠中の 9ヶ月の胎児期から2歳までの間に、どんな環・・・

レヴァイン博士の説く、幼児教育で「子供を成功に導く方法」

有名なレヴァイン博士(アメリカの小児医学教授)は、「子供を成功させる方法」の7つの条件を唱えています。幼児教育を行う際にこの内容は、とても参考になる事ですのでご紹介いたします。 ●1…・・・