幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法のTOPに戻る
「幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法」トップ >  幼児教育の関連豆知識 > レヴァイン博士の説く、幼児教育で「子供を成功に導く方法」

レヴァイン博士の説く、幼児教育で「子供を成功に導く方法」





有名なレヴァイン博士(アメリカの小児医学教授)は、「子供を成功させる方法」の7つの条件を唱えています。幼児教育を行う際にこの内容は、とても参考になる事ですのでご紹介いたします。



●1…どんな事に対しても問いかけをしてみましょう。学校で習ってきた内容に対して親も興味を示す事です。子供の為には復習にもなります。
●2…子供と同じ目線に立って、いろんな問いかけをしてあげたり、考える時間を与えてあげる事が大切なようです。時には本人が自分で考えた結果を、きちんと正確に話すことが出来る様、導いてあげることもいいでしょう。親も同じように、子供が興味を持ったことには、興味を示すことが大切です。
●3…宿題を避ける傾向があるならば、その原因をきちんと突き止めることです。宿題を避ける理由、必ず潜んでいるのです。深刻であれば専門家に相談することも必要となってきます。
●4…小学校に入学する前の年代でも、読み書きの練習はできるので、その為の練習時間を作ってあげることです。読み書きの習慣は小さい頃からつけていくことが良いようです。
●5…お稽古事や塾は一週間のうちでも最高3日以内にする事です。子供が自由に遊ぶことはとても大切な部分で、想像力を養うことにつながっていくようです。
遊びも大切な「学びの場」なのです。
●6…宿題を行う習慣をつけましょう。そして子供の質問にはいつでも答えてあげることができるよう、親の方も心得ておくのが大切です。親が子供の宿題をしてしまうのは大きな間違いです。宿題を行うための静かな、落ち着く環境を作ってあげるのが親の役目です。
●7…褒めるポイントが重要です。それは、やり遂げたことに対して褒めてあげる事です。成績の良し悪しで褒めるのではなく、物事の達成を褒めましょう。

以上がレヴァイン博士の7カ条です。
幼児教育にこだわらなくとも、参考になる事は多いですね。幼児教育に熱心な親御さんには是非参考にして頂きたい内容でもあります。




関連コンテンツ

幼児教育番組を活用!「NHK教育テレビ」・「ミッキーマウスクラブハウス」・「セサミストリート」などで!

幼児教育の為のテレビのチャンネルで、まず頭に思い浮かぶものといったら「NHKの教育テレビ」ではないでしょうか。 その名の通り教育テレビは、「幼児教育の為に作られた番組」が繰り返しリピート放送されてい・・・

ダンスや音楽や絵画などの芸術分野でリズム感や感受性を養う幼児教育

リズム感や感受性は早期から学ばせた方が、より敏感になるという考えがあります。早期からこの分野の幼児教育に取り組むことで、豊かなリズム感や感受性を育てることが目的になります。 幼児教育というと、学習関・・・

脳への刺激と脳の発達回路は幼児の早期教育と関係あるか

脳の発達とはどのようなことを指すのでしょう。脳の発達とは脳細胞の繋がりのことをいいます。脳細胞には突起がついていて、その突起と突起の間に、電気が通りやすい回路をつくっていく事になります。これが脳細胞の・・・

脳細胞を刺激して、バイリンガルにしたいと願う幼児教育

これからは国際化の時代であるといわれています。その為、わが子には是非バイリンガルになって欲しいと願う親も少なくありません。 「英語を上手に話すことが出来ない」「英語にコンプレックスを持っている」親で・・・

幼児教育は、しまじろうと一緒に、「ほっぷ」「すてっぷ」「じゃんぷ」教材で

幼児の間で、とても有名なキャラクターといえばご存じ「しまじろう」です。「しまじろう」はベネッセコーポレーションの幼児教育の教材、幼児向けの「こどもちゃれんじ」に登場するキャラクターです。「しまじろう」・・・

幼児教育は妊娠中から2歳〜3歳で決まる。性格形成時期は重要!

最近のある研究結果において、大切なことがわかってきました。性格に与える影響というのは遺伝子ではなく、育てられた環境が大きくかかわっているようです。妊娠中の 9ヶ月の胎児期から2歳までの間に、どんな環・・・