幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法のTOPに戻る
「幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法」トップ >  絵本について > 子供に適した幼児教育の絵本の選び方・読書好きな子供にする方法

子供に適した幼児教育の絵本の選び方・読書好きな子供にする方法





絵本の読み聞かせが重要で基本であるということが言われています。なので、幼児教育の一環で、子供に絵本を与える人は多いようですね。ですが、世間に出ている絵本の種類があまりにも多過ぎるため、子供に与えるにはどのような絵本が適しているか、またどれを選んだらいいかわからない、という人もいらっしゃるのではないでしょうか。
幼児教育につながる絵本なので、可愛い大切な子供にとって最適な絵本を選んであげたくなるのが親心です。
ここでは、どのような基準で絵本を選んであげたらいいのかを見ていきます。


絵本の好きな子供が成長し大人になると、読書好きになるというデータもあります。乗り物の絵本が好きな子供、綺麗な色使いの絵本が好きな子供、動物がたくさん載っている絵本が好きな子供、それぞれの子供によって趣味が異なります。
自分の子供が好きな絵本はどのようなものであるのか知っておくことも非常に大切でしょう。
幼稚園や保育園に通っている子供ならば、先生に相談してみるのもいいかもしれません。絵本によっては「何歳から何歳まで」というように対象年齢が書かれていることがあります。ですが、これはあくまでも目安です。子供が気に入っているのならば、対象年齢はあまり気にしなくていいようです。
ひとつの方法として、子供と一緒に図書館や絵本売り場を訪れてみるのもいいかもしれません。子供のすきな絵本の傾向がわかります。また、子供だからといって侮ってはいけません。
母親によっては、アニメのキャラクター主体の絵本などを、子供に与えることをためらうという意見も多いようです。絵本を好きになる機会であれば、ヒーローものの絵本やキャラクターの絵本でも与えてあげても良いと思います。


内容より、まず絵本の好きな子供になることが子供の豊かな情操教育に繋がるようです。
絵本の中には、日常の生活とは異なる魅惑的な世界が存在するのです。それを子供が自分の心で感じ始めたら嬉しいですね。




関連コンテンツ

幼児教育での絵本の読み聞かせ・言葉で親子のコミュニケーション

幼児教育という言葉以前に、絵本を小さな子供に読んであげるというのは、とても基本的で大切な事だと思います。スキンシップの重要なひとつになります。子供さんに絵本を読み聞かせる親は多いのではないでしょうか。・・・