幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法のTOPに戻る
「幼児教育のすすめ!可愛い子供を楽しく育てる方法」トップ >  絵本について > 幼児教育での絵本の読み聞かせ・言葉で親子のコミュニケーション

幼児教育での絵本の読み聞かせ・言葉で親子のコミュニケーション





幼児教育という言葉以前に、絵本を小さな子供に読んであげるというのは、とても基本的で大切な事だと思います。スキンシップの重要なひとつになります。子供さんに絵本を読み聞かせる親は多いのではないでしょうか。
読み聞かせをする時に大切なことを挙げてみました。まず、子供が集中して聞ける環境を整えてあげること、それから読む側の親も集中できる環境を整えることが重要となってきます。



空いた時間で適当に行おうという気持ちで絵本を読むのでなく、親子両者が落ち着いた気持ちで読み聞かせを楽しむ事が大切であると言われています。幼児教育の為に…と絵本を子供に読んであげても、子供さんが、遊びはじめたり絵本とは関係のない話を始めたり、となかなか集中してもらえな時があります。
絵本好きな子供にするコツはあるのでしょうか。
乳幼児期から絵本を読み聞かせる習慣が無かった事で親の読み聞かせに子供がついてきてくれないときがあります。これは親子のコミュニケーションがうまくとれていないことが要因でしょう。
一般的には、「絵本が嫌いな子供はいない」と言われています。もし、子供さんが絵本に集中できないのならば、子供の年齢と与えている絵本が合っていない、他には、絵本を読もうとする,に問題があるかもしれません。また親が、他の事に気をとられながら絵本を読んでいるのを、子供は敏感に感じ取っている様です。

子供が「自分の方を向いている」と感じることが大切です。絵本の読み聞かせを「心地よい事」と感じる事は、絵本を通じて「自分のほうを向いてくれる」と親が感じられるのです。このコミュニケーションは非常に大切なことです。「集中して聞きなさい」とか「言葉を覚えなさい」など高圧的な態度をとると子供は萎縮してしまったりそっぽを向いてしまう様です。




関連コンテンツ

子供に適した幼児教育の絵本の選び方・読書好きな子供にする方法

絵本の読み聞かせが重要で基本であるということが言われています。なので、幼児教育の一環で、子供に絵本を与える人は多いようですね。ですが、世間に出ている絵本の種類があまりにも多過ぎるため、子供に与えるには・・・