花火大会めぐり!日本全国を旅行しましょう のTOPに戻る
「花火大会めぐり!日本全国を旅行しましょう 」トップ >  花火大会関連雑学 > 金魚花火についての歴史・由来や仕組みなど

金魚花火についての歴史・由来や仕組みなど





「夏の風物詩」花火大会というと、大きな打ち上げ花火が次々と夜空に打ち上げられるというイメージをお持ちでしょう。その花火の中のひとつに「金魚花火」があります。
今回はその「金魚花火」に関して少し見て行こうと思います。
この花火は、乾燥した葦の茎を一方だけ節を残し、15cmくらいでカットし、この筒に火薬を詰めるのです。そして水上に浮かせる為に、節の方に麦わらを2〜3cmに切って入れ、綿くずを少量詰めて火薬を入れます。この花火の筒を10本くらいまとめて紙で巻き、そして火をつけ水に放つ原理です。火薬の噴出力により、水上を泳ぐような形になるそうです。そして最後に、紙が切れ、四方八方に金魚が泳ぐように見えるそうです。現代の花火職人の方の話では、今は紙管に発砲スチロールを入れて浮きにしている様です。また、昔は黒色火薬を使っていた為、木炭が燃えるような色でしたが、現在の金魚花火は色火薬をうまく混ぜ合わせて、様々な金魚が出せるようになってきました「金魚花火」の歴史を遡ると、徳川家康が信仰していた菅生天王宮(岡崎)は、永禄9年、社殿を再建しました。それ以降、歴代の岡崎城主の、本多伊勢守家、松平家、水野家、本多中務大輪家から崇敬され、社殿の改修などがその都度されてきました。明治元年に、「菅生神社」と改名され、7月19日の夜に、例祭が行われます。紅提灯をつけた三層の「ほこ舟」を数隻、菅生川に浮かべ、舟の中からは手筒花火を打ち上げ、水中には「金魚花火」を放ったそうです。1992年の7月19日の例祭時には、「ほこ舟」が9隻も出されました。

江戸時代には舟での輸送が盛んになり、殿橋の上流に、満性土場や桜の馬場土場がありました。大量の荷物が衆参し、六地蔵、唐沢町、菅生周辺などは活気に満ちていたそうです。菅生川の南北の往来は殿橋・吹矢の渡・福島の渡・菅生の渡であり、見物用の小舟や、ほこ舟が出る場所は所々にあったようです。
その後明治以降、この天王祭は、菅生祭と言われるようになります。菅生祭の花火の特徴が、「金魚花火」です。水上で花火が遊泳する様子はまるで金魚そのものです。
文化・文政の頃には、仕掛け・打ち上げ・手筒・金魚などの花火が作られ、
菅生川で時々花火が打ち上げられていたそうです。お近くの花火大会で、もしかしたら金魚花火も見られるかもしれません。
花火の種類というのも色々で、あらかじめ知っておくのも花火大会を楽しめる要因のひとつですね。

関連コンテンツ

花火の豆知識これで、花火の雑学・知識は完璧

夏の代名詞「花火」。 もちろん、それ以外にも夏らしい物は数々ありますが、やはり代表としてあがるのは「花火」ではないかと思います。今回は、花火に関しての豆知識・プチ知識を見て行きたいと思います。 あ・・・

海外の有名な花火・ニューヨークの花火

日本では夏の風物詩としておなじみの花火ですが、海外でも見事な花火が数々あります。その中で有名なものに、アメリカ合衆国・ニューヨークの自由の女神を背景に見る花火でしょうか…。 ニューヨークは、独立記念・・・

自分で花火を綺麗に美しく撮影する方法・準備やコツ

夏の夜空を美しく彩る数々の花火を写真に残せたらどれほど記念になるでしょうか。一瞬にして消えてしまう、はかない物なので、写真好きでなくとも、写して置きたいと思う人も多いと思います。花火好きな人などは、特・・・

花火の種類について「菊」や「星」や「型物」って?

毎年夏になるとお馴染みな「花火大会」ですが、大きく美しい花火が、次々と上がる景色は豪華で、見とれるばかりです。種類がどうだとか、考える余裕など無いかもしれませんが、打ち上げ花火といっても、見ていてわか・・・

花火は浴衣(ゆかた)で!購入や御手入れで気をつけたい注意点

花火大会といえば浴衣(ゆかた)、浴衣といえば夏祭り、夏のイベントに欠かせない衣装が、「浴衣」です。そこで今回は、夏の涼しげな衣装である浴衣について少し見て行きたいと思います。 まず浴衣を購入・・・