花火大会めぐり!日本全国を旅行しましょう のTOPに戻る

海外の有名な花火・ニューヨークの花火





日本では夏の風物詩としておなじみの花火ですが、海外でも見事な花火が数々あります。その中で有名なものに、アメリカ合衆国・ニューヨークの自由の女神を背景に見る花火でしょうか…。
ニューヨークは、独立記念日(7月4日)の花火が有名のようです。
マンハッタンの東側イーストリバーに浮かぶ島・「ルーズベルトアイランド」で、映画「キングコング」でも有名な場所だそうです。マンハッタンからですと、地下鉄やケーブルカーで移動できるそうです。
7月4日独立記念日の当日、花火特設会場が6時にオープンします。会場はルーズベルトアイランドの南端だそうです。自由席ですので、なるべく早く行く事で良い席が確保できるそうです。遅くとも5時半までに、駅やトラム(ケーブルカー)に着くようにするのが良いでしょう。駅、トラムから花火の特設会場まではシャトルバス(無料)が運行しており、入り口でチケットをピックアップして会場に入ります。ポイントとしては、できるだけ南端を確保すると良い様です。 日没後の、PM9:00から花火が始まります。それまでは、ジャズの生演奏を聴いたり、会場内の屋台でドリンクやホットドックを食べたりして楽しめるようです。午後9:00頃から、星条旗をかたどった花火や壮大な花火が、イーストリバー上で打ち上げられます。約30分ほど見ることができるようです。
ルーズベルトアイランドでの鑑賞方法はニューヨーカーの間ではあまり知られていないようです。だとすると市民はどこで花火を見ているのでしょうか。実はFDRという高速道路(マンハッタンの一番東)が一般に開放され、夕方早々から人々が段々集まってくるそうです。そしてかなりの人混みになるそうです。無料の場所ですし、4〜5時間、じっと外に立っていられる我慢強い方には最適な鑑賞場所とも言えそうです。
日本でも、海外でも花火は人々が楽しみにするイベントに変わりはありません。また混雑や待ち時間等も同様にあるようです。豪華で美しい花火を見るのですから当然のことと言えますね。 今回はニューヨークの花火について少し見てきましたが、海外のその他の地域にもまだまだあるでしょう。ヨーロッパやアジアでもいろんな花火大会がありそうです。
花火を楽しむという目的で、海外旅行に出掛けるのも素敵です。

関連コンテンツ

金魚花火についての歴史・由来や仕組みなど

「夏の風物詩」花火大会というと、大きな打ち上げ花火が次々と夜空に打ち上げられるというイメージをお持ちでしょう。その花火の中のひとつに「金魚花火」があります。 今回はその「金魚花火」に関して少し見て行・・・

花火の豆知識これで、花火の雑学・知識は完璧

夏の代名詞「花火」。 もちろん、それ以外にも夏らしい物は数々ありますが、やはり代表としてあがるのは「花火」ではないかと思います。今回は、花火に関しての豆知識・プチ知識を見て行きたいと思います。 あ・・・

自分で花火を綺麗に美しく撮影する方法・準備やコツ

夏の夜空を美しく彩る数々の花火を写真に残せたらどれほど記念になるでしょうか。一瞬にして消えてしまう、はかない物なので、写真好きでなくとも、写して置きたいと思う人も多いと思います。花火好きな人などは、特・・・

花火の種類について「菊」や「星」や「型物」って?

毎年夏になるとお馴染みな「花火大会」ですが、大きく美しい花火が、次々と上がる景色は豪華で、見とれるばかりです。種類がどうだとか、考える余裕など無いかもしれませんが、打ち上げ花火といっても、見ていてわか・・・

花火は浴衣(ゆかた)で!購入や御手入れで気をつけたい注意点

花火大会といえば浴衣(ゆかた)、浴衣といえば夏祭り、夏のイベントに欠かせない衣装が、「浴衣」です。そこで今回は、夏の涼しげな衣装である浴衣について少し見て行きたいと思います。 まず浴衣を購入・・・