花火大会めぐり!日本全国を旅行しましょう のTOPに戻る
「花火大会めぐり!日本全国を旅行しましょう 」トップ >  花火大会関連雑学 > 自分で花火を綺麗に美しく撮影する方法・準備やコツ

自分で花火を綺麗に美しく撮影する方法・準備やコツ





夏の夜空を美しく彩る数々の花火を写真に残せたらどれほど記念になるでしょうか。一瞬にして消えてしまう、はかない物なので、写真好きでなくとも、写して置きたいと思う人も多いと思います。花火好きな人などは、特に残しておきたいと思うかもしれません。ですが難しそうなイメージがあります。
何か特殊な撮影方法、専門の技術が必要なのではと思っている方も多いかもしれませんが、実は打ち上げ花火の撮影はそんなに難しいものではないそうです。
しかし、一瞬しかないシャッターチャンスを逃さないために、また、より良い花火写真を撮る為には、撮影技術の再確認やノウハウを知っておく事も事も必要です。
今回は上手な花火撮影の方法を簡単に見て行こうと思います。まずは花火大会の詳しい情報を事前に入手しておき、そして良い撮影場所を探します。撮影場所を決める上での重要なポイントは、人通りが多くない場所そして「風向き」などです。
そして撮影に必要な機材を準備します。、カメラ・三脚はもちろんですが、その他、各種レンズ・フィルム・電磁レリーズ・ケーブルレリーズ・予備電池・予備のレリーズ
懐中電灯・ストロボ・レジャーシート・携帯の椅子・レンズクリーニング道具一式・
双眼鏡・筆記用具・傘・虫除けスプレーなどだそうです。花火大会のプログラムも必ず必要ですね。結構大がかりな撮影になりますが、美しく残したいと意気込んでいらっしゃるならば、予備の準備も忘れずにしたいものです。
最初から三脚を立てておく、というのも大切な作業です。花火が開始する前までに、三脚を自分の撮影予定場所に立てておくのも重要ポイントです。そうしておけば、後から来た花火見物人、他の撮影者の人なども、撮影の邪魔になるような場所にわざわざ場所をとったりはしないでしょう。撮影者側も、マナーを守って正しく撮影に臨みたいですね。
また、撮影技術以外で、撮影レベルを上げるために重要なのが、被写体の花火について詳しく知っておく事だそうです。シャッターチャンスなど、花火についてどのタイミングが一番美しく撮影できるのかを、少し勉強してみる事をお勧めします。
今回は初級の花火撮影の方法のみを見てきましたが、さらに撮影技術等について詳細に書いてあるサイトもあるでしょう。花火大会や大きなイベントなど、写真を撮る機会も増えて来そうですが、あらかじめ調べておくなどの、少しの努力で良い結果が生まれるのかもしれません。

関連コンテンツ

金魚花火についての歴史・由来や仕組みなど

「夏の風物詩」花火大会というと、大きな打ち上げ花火が次々と夜空に打ち上げられるというイメージをお持ちでしょう。その花火の中のひとつに「金魚花火」があります。 今回はその「金魚花火」に関して少し見て行・・・

花火の豆知識これで、花火の雑学・知識は完璧

夏の代名詞「花火」。 もちろん、それ以外にも夏らしい物は数々ありますが、やはり代表としてあがるのは「花火」ではないかと思います。今回は、花火に関しての豆知識・プチ知識を見て行きたいと思います。 あ・・・

海外の有名な花火・ニューヨークの花火

日本では夏の風物詩としておなじみの花火ですが、海外でも見事な花火が数々あります。その中で有名なものに、アメリカ合衆国・ニューヨークの自由の女神を背景に見る花火でしょうか…。 ニューヨークは、独立記念・・・

花火の種類について「菊」や「星」や「型物」って?

毎年夏になるとお馴染みな「花火大会」ですが、大きく美しい花火が、次々と上がる景色は豪華で、見とれるばかりです。種類がどうだとか、考える余裕など無いかもしれませんが、打ち上げ花火といっても、見ていてわか・・・

花火は浴衣(ゆかた)で!購入や御手入れで気をつけたい注意点

花火大会といえば浴衣(ゆかた)、浴衣といえば夏祭り、夏のイベントに欠かせない衣装が、「浴衣」です。そこで今回は、夏の涼しげな衣装である浴衣について少し見て行きたいと思います。 まず浴衣を購入・・・