花火大会めぐり!日本全国を旅行しましょう のTOPに戻る
「花火大会めぐり!日本全国を旅行しましょう 」トップ >  花火大会関連雑学 > 花火の種類について「菊」や「星」や「型物」って?

花火の種類について「菊」や「星」や「型物」って?





毎年夏になるとお馴染みな「花火大会」ですが、大きく美しい花火が、次々と上がる景色は豪華で、見とれるばかりです。種類がどうだとか、考える余裕など無いかもしれませんが、打ち上げ花火といっても、見ていてわかる通り、いろんな種類があります。
今回は、「花火図鑑」を簡単にですが、見て行こうと思います。 日本の花火を代表しているのが、「菊」といわれる花火です。空高く花火が開くと、尾を引きながら「星」が四方八方に飛び散り、菊の花の模様になります。とても雄大な花火で、光の帯がゆっくりと、空からきらめきながら流れる落ちる様は、見事です。最近では花火大会のフィナーレを飾る事も多いのが「冠菊」だそうです。
昔は、「秀菊」と書きました。
夜空が金色に染まる「椰子」は、大胆な美しさに定評があり、この椰子は昭和50年前後に開発された、比較的新しい花火だそうです。花火作成には、ロケットや人工衛星
の胴体などに使われる「チタン合金」が使われています。南国の風にそよぐ椰子の葉が表現されているのです。
夜空にまるで花園が浮かび上がる様に見えるのが「千輪」といわれる花火です。この花火は、色とりどりの小さな花が一斉に開きます。日本に最初に千輪が登場したのは大正時代の中期頃でした。
千輪モノにおいても、次々と新作が開発され、リボンが飛び交ったり、夜空に無数の蝶が舞ったり、様々な工夫がされた作品も見られるようになりました。近年ではスターマインの構成には欠かせない花火ともなっている様です。
「型物」という花火は、一般的な丸い花火とは違う花火のことをいいます。球形には開かず、ハート形や星型、魚や蝶、アニメ主人公などの絵柄、文字などを夜空に描き出すのが、型物です。多彩な表現ができ、面白いのですが、見ている角度によって、花火師が考案した形に見せる事が完璧にはできない事が少し残念です。が、見ている側としては、想像が膨らみ楽しめます。
現在の花火大会の主役は、連発なのだそうです。何十、何百、何千の花火玉を短時間に次々と連発して打ち上げるもので、見ていてとても迫力があります。休憩なく花火が打ち上げられ、光と音と色と、そして「間」の芸術をみせるのがスターマインだそうす。
微妙な「間」が重要なんですね。

簡単に見てきましたが、花火の種類は様々です。毎年新作花火も続々と打ち上げが試みられているようです。今年の夏も花火大会が楽しみになってきました!

関連コンテンツ

金魚花火についての歴史・由来や仕組みなど

「夏の風物詩」花火大会というと、大きな打ち上げ花火が次々と夜空に打ち上げられるというイメージをお持ちでしょう。その花火の中のひとつに「金魚花火」があります。 今回はその「金魚花火」に関して少し見て行・・・

花火の豆知識これで、花火の雑学・知識は完璧

夏の代名詞「花火」。 もちろん、それ以外にも夏らしい物は数々ありますが、やはり代表としてあがるのは「花火」ではないかと思います。今回は、花火に関しての豆知識・プチ知識を見て行きたいと思います。 あ・・・

海外の有名な花火・ニューヨークの花火

日本では夏の風物詩としておなじみの花火ですが、海外でも見事な花火が数々あります。その中で有名なものに、アメリカ合衆国・ニューヨークの自由の女神を背景に見る花火でしょうか…。 ニューヨークは、独立記念・・・

自分で花火を綺麗に美しく撮影する方法・準備やコツ

夏の夜空を美しく彩る数々の花火を写真に残せたらどれほど記念になるでしょうか。一瞬にして消えてしまう、はかない物なので、写真好きでなくとも、写して置きたいと思う人も多いと思います。花火好きな人などは、特・・・

花火は浴衣(ゆかた)で!購入や御手入れで気をつけたい注意点

花火大会といえば浴衣(ゆかた)、浴衣といえば夏祭り、夏のイベントに欠かせない衣装が、「浴衣」です。そこで今回は、夏の涼しげな衣装である浴衣について少し見て行きたいと思います。 まず浴衣を購入・・・