花火大会めぐり!日本全国を旅行しましょう のTOPに戻る
「花火大会めぐり!日本全国を旅行しましょう 」トップ >  花火大会関連雑学 > 花火は浴衣(ゆかた)で!購入や御手入れで気をつけたい注意点

花火は浴衣(ゆかた)で!購入や御手入れで気をつけたい注意点





花火大会といえば浴衣(ゆかた)、浴衣といえば夏祭り、夏のイベントに欠かせない衣装が、「浴衣」です。そこで今回は、夏の涼しげな衣装である浴衣について少し見て行きたいと思います。
まず浴衣を購入するときのポイントですが、染めムラや織傷等ないかを確認し、
浴衣を試着してみて模様や寸法、縫製等を確認するのが良いそうです。
試着するとイメージもわかりますし、気に入った模様でも、着てみると違ったなどという事もよくある話です。
そして購入後は、浴衣に付いている「注意表示の紙」や「家庭での洗濯等取り扱い方法」を大切に管理しておきましょう。
濃色系の浴衣は、汗や雨などの水分、着用中の摩擦で色移りする場合があるので気をつけなければいけません。
着用後、汗が付いたまま光に当てると色褪せする可能性があるそうです。汗が直接浴衣に付かないようにする工夫が大切ですが、暑い夏に着用する浴衣は汗が付きやすいモノ。着用後はなるべく早く洗濯するなどの心がけが必要です。

クリーニングに出す場合の注意点ですが、外観やシミの種類の場所などを、クリーニング店にしっかり伝えます。しわ加工を施してある浴衣は、その旨も忘れず伝えましょう。
家庭で洗濯する時は、「取り扱い絵表示」をしっかりと確認します。洗濯時の水温が高いと、浴衣が色落ちする場合があります。特に濃色系の浴衣だと、生地の色が他の衣類に色移りするのを防ぐため、単独洗いが良いでしょう。手洗いするときは、きちんと浴衣を「袖だたみ」にして、手で押し洗いをします(シワ防止の為)。
絞る時にねじってしまいがちですが禁物です。バスタオルの間にはさみ「押し絞り」をすると良いでしょう。
洗濯機で洗う場合は、まず衿と共衿にしつけをしてからにします(衿の中がごろつかないようにする為)。そして、洗濯ネットに入れ弱流で洗い、脱水は軽めに、その後手早く干します。なぜなら、洗濯したままの長時間放置は、色移りや色落ちの可能性があるからです。干す時の注意点は、たたいてシワを伸ばし形を整え、色あせ防止のため「日陰」で干します。
ここまで基本的な「浴衣についての情報」を見てきましたが、他にも、「ゆかた用語」「浴衣を着てみる」「帯の結び方やアレンジ法」「美しい着こなしの為の方法」など、
浴衣情報と言っても色々あります。夏らしさを堪能するには、女性も男性も「浴衣」を着て花火を見ると気分もグッと盛り上がること間違いありません。

関連コンテンツ

金魚花火についての歴史・由来や仕組みなど

「夏の風物詩」花火大会というと、大きな打ち上げ花火が次々と夜空に打ち上げられるというイメージをお持ちでしょう。その花火の中のひとつに「金魚花火」があります。 今回はその「金魚花火」に関して少し見て行・・・

花火の豆知識これで、花火の雑学・知識は完璧

夏の代名詞「花火」。 もちろん、それ以外にも夏らしい物は数々ありますが、やはり代表としてあがるのは「花火」ではないかと思います。今回は、花火に関しての豆知識・プチ知識を見て行きたいと思います。 あ・・・

海外の有名な花火・ニューヨークの花火

日本では夏の風物詩としておなじみの花火ですが、海外でも見事な花火が数々あります。その中で有名なものに、アメリカ合衆国・ニューヨークの自由の女神を背景に見る花火でしょうか…。 ニューヨークは、独立記念・・・

自分で花火を綺麗に美しく撮影する方法・準備やコツ

夏の夜空を美しく彩る数々の花火を写真に残せたらどれほど記念になるでしょうか。一瞬にして消えてしまう、はかない物なので、写真好きでなくとも、写して置きたいと思う人も多いと思います。花火好きな人などは、特・・・

花火の種類について「菊」や「星」や「型物」って?

毎年夏になるとお馴染みな「花火大会」ですが、大きく美しい花火が、次々と上がる景色は豪華で、見とれるばかりです。種類がどうだとか、考える余裕など無いかもしれませんが、打ち上げ花火といっても、見ていてわか・・・