花火大会めぐり!日本全国を旅行しましょう のTOPに戻る
「花火大会めぐり!日本全国を旅行しましょう 」トップ >  新作の花火を見たい方は > 新作の花火が見られる大会・諏訪湖畔で「全国新作花火競技大会」を!

新作の花火が見られる大会・諏訪湖畔で「全国新作花火競技大会」を!





新作の花火をいち早く堪能したい方にオススメなのが「全国新作花火競技大会」です。
これは毎年9月の第1土曜日に、長野県の諏訪市で開催されています。
会場は諏訪湖の湖上で行われ、新作花火の競技大会ということもあり、いわば花火師達の競演。思いがけない花火に遭遇する事もできるコンクールです。
前進は「諏訪よいてこ花火大会」で、観光の一環として花火を見せる行事(JTB主催)でした。そののち、「花火サミットin諏訪」(1994年)と改名され、現在の花火競技大会に至りました。
花火の競技大会形式で見られる様になったのはまだ10年余りですが、新作の花火を毎年見られるということもありとても人気です。   
8月15日の「諏訪湖湖上祭花火大会」も負けず劣らず非常に素晴らしいですが、こちらの混雑具合も並ではありません。その他、駐車場確保や宿泊代などの心配もある様です。
最近は花火のプログラムが立派な冊子になり、有料で販売されているそうです。
湖畔公園(打ち上げ正面辺り・有料指定席)も比較的自由に場所が確保できるようです。もちろん自由席でも良い場所は早い者勝ちですので、近年は自由席はほぼ午前中に、隙間無く埋まってしまう様です。また、旅館の部屋や屋上も良い観覧席ではないでしょうか。
「立石展望公園」もアマチュア写真家などに人気が高いベストポジションですが、肉眼で観るには花火の距離は遠くなります。
花火大会はコンクール形式で、それぞれのテーマに合わせたBGMを流しながら、出品作品の新作花火が打ち上げられます。
30くらいもの業者が参加するので、それぞれの合間に何度かスターマイン等が織り交ぜられるそうです。平成10年からは女性花火師によるプログラムも加わりました。
フィナーレには「水上スターマイン」が花を添えます。この花火は諏訪湖名物ですね。
車で観覧する場合は、ヨットハーバー・間欠泉センター・諏訪市民文化センター
等の指定駐車場か、臨時駐車場(民間)に入れるようにしましょう。有料の場合の平均駐車料は約2,000円くらいだそうです。

湖畔近くの駐車場は早朝に確保しないとすぐに満車になる様です。また花火大会の最中は、湖畔近くの駐車場は閉鎖され、大会終了後もすぐには車を出せないので気をつけましょう。
毎年の行事ですが、「全国新作花火競技大会」は、新鮮な花火が鑑賞できます。花火に見慣れた方や、花火好きの方、いろんな方を楽しませるのが、この新作花火の競技会ではないでしょうか。一度足を運んでみる価値は十分にある花火大会です。