花火大会めぐり!日本全国を旅行しましょう のTOPに戻る
「花火大会めぐり!日本全国を旅行しましょう 」トップ >  花火とは…… > 花火って何で出来ているの?材料や作り方の方法

花火って何で出来ているの?材料や作り方の方法





花火とは、金属の粉末と火薬とを混ぜ、それを包んだ物に火を点火し燃焼させ、火花の色・破裂時の音などを鑑賞する為のものをいいます。
多くの場合、火薬が爆発し、燃焼時に飛び散る時の、火の粉の色や形状を楽しみますが、パラシュート花火やロケット花火・へび花火、などの様に火薬の燃焼以外を楽しむ花火もあります。
日本では、「夏の風物詩」とされている「夏の代表」の花火ですが、各自治体などでは大規模な花火の打ち上げを花火大会としていて、大会の時期はとしては7、8月に多数開催されています。
旧暦では秋なので、季語として使うと、花火は「秋」をあらわすことになります。
花火大会の他、祝砲の代わり、イベントや催しを告げる場合にも、花火は使用されます。法令上では パーティーなどのクラッカーや演出の為のスモークなども花火にあたります。我が国では「火薬類取締法」により、製造から消費までを規制しています。打ち上げ花火を上げるには、「煙火打揚従事者」という資格が必要になってきます。花火師と言われる方は皆、資格保有者です。

日本では花火は大きく2つに分けて、取り扱いや打ち上げまでの管理に免許が必要な、
「大型打ち上げ花火」、おもちゃ屋などで販売されている家庭での消費の為の「小型のおもちゃ花火」に分けられます。
中でも打ち上げ花火は、「星」といわれる火薬を、「玉」といわれる紙製の球体に詰めて打ち上げる物をいいます。打ち上げと同時に導火線に点火され、所定の高さに達すると、導火線が燃え尽き、そこで「玉」が破裂し、「星」が飛び散るのです。
「星」の飛び散り方には色々な種類がある為、それにより見え方が変わってくるのです。
一般的に我が国やお隣・中国などの打ち上げ花火は、打ち上げ時に光が同心円状に広がるものが多く、見える花火そのものも球形をしているそうです。
これに対して欧米諸国の花火は、打ち上げても同心円状にはならず、花火そのものも円筒形です。
そして複数の花火を組み合わせて利用するなど、作為的に仕掛けを施した花火の事を「仕掛花火」と言い、有名なものでは「スターマイン」があります。打ち上げ花火以外には、家庭でお馴染み、家族で楽しめる「おもちゃ花火」がありますが、これにもいろんな種類がある事は、皆さんよくご存じではないでしょうか。


大規模な物・小規模な物どちらも、夏を感じられるのが花火だと思いますので、
今年の夏も是非花火を見たりして暑い夏を涼しく乗り切りましょう。

関連コンテンツ

仕掛花火の種類と仕組みについての情報

日本には「春夏秋冬」があり、それぞれの季節に様々な趣あるものが存在していますが、「夏」と言って思い浮かぶのには何があるでしょうか…。 夏の風物詩の代表に挙がるのが、お祭・花火などですね、今回はその花・・・