花火大会めぐり!日本全国を旅行しましょう のTOPに戻る
「花火大会めぐり!日本全国を旅行しましょう 」トップ >  花火大会を楽しむポイント > 子供連れでの花火大会に便利な物「ハーネス」で迷子防止

子供連れでの花火大会に便利な物「ハーネス」で迷子防止





花火大会と言えば夏です。そして夏と言えば「夏休み」!の真っ最中に開催される花火大会が多いのですね。
子供を連れての花火見物でもしよう、と考え中の親御さんなども多いかもしれません。
がしかし、蒸し暑いベタベタとした気候であり、絶句してしまうほど混んでいる花火会場。そしてそこでの長い待ち時間……と、
子供が機嫌を悪くする要素が山ほどあるのが花火大会とも言えます。
せっかくの綺麗な花火を、しっかり見せてあげたい、良い思い出作りにしたいと思うのが親心。ですので今回は、「子供と一緒に家族皆で楽しめる花火大会のポイント」を少し考えたいと思います。

花火大会などの人ごみで最も怖いのは、混雑や暗闇によって、子供が迷子になってしまう可能性がある事です。歩き始めた幼児などは、好奇心旺盛でどこにでも歩いて行ってしまいます。ほんの数秒 目を離したすきに、見失ってしまうかもしれません。
そこで、まだ理解力がない年代の子供の場合は、迷子防止ひも(ハーネス)が活躍します。
道路への子供の飛び出しや、その他の事故を防ぐ為にも便利ですね。また治安の悪い国ですと、「子供の連れ去り防止」に使われているそうです。
日本では「子供にヒモをつける」という行為に心理的な抵抗があるのが現状です。日常生活などで目にする事は少ないですが、空港や大きな駅、それに大型のショッピングモール内などでは時々見かける事もあります。
最近では、「ペットの散歩用ヒモ」にも似た「いかにも」なハーネスは減ってきていて、子供の体に、太くて柔らかいチューブを巻いたりするハーネスや、子供用の小さな「リュック型ハーネス」になっていたりする形のものが増えてきています。
ちょっと親から離れた時に、ヒモで締め付けるのを嫌がる子供さんには、太いタイプのハーネスが良いそうです。
「子供にヒモをつけるなんて可哀そう」などと、年配の方には驚かれたり、非難されそうですが、ハーネスは、特に花火大会のような人混みでは大活躍すると思います。

大切な我が子を見失わないようにする為には、イベント時などは堂々と使用しても構わないのではないでしょうか。
その他、迷子札を付けておくのもポイントです。万が一迷子になった時の為に、非常に役に立つからです。腕でも、洋服の中でも、わかり易くはずれない場所に、必ず名前と連絡先が分かるようにしておくと良いですね。

迷子など、トラブルに遭遇したら、花火観賞どころではなくなってしまいます。
幼いお子さんの居る家庭は花火大会に限らず、外出など一苦労かもしれませんが、是非良い思い出作りの為にも、子供達に大きく美しい「本物の花火」を見せてあげられると良いのではないでしょうか。

関連コンテンツ

楽しく花火を観賞する為に知っておきたい知識やポイント

毎年恒例の夏のイベントというと、各地で開催される花火大会ですが、その花火観賞にこだわりはありますか?何か意識されている事はあるでしょうか。 そこで今回はより一層花火大会を楽しむ為に、花火観賞における・・・

花火大会での良い場所選びについて「風向き」や距離

楽しい花火鑑賞には他の様々なイベントと同様、ある程度の下調べが必要です。 花火大会といえば、「夏の風物詩」。毎年必ず出掛けるという方も居らっしゃるでしょう。その様な場合は、観覧などもある程度慣れてい・・・

花火大会を選ぶポイント

花火大会のイメージ それは、窓越しからながめる遠い物…とか、 テレビ中継を想像される人も居るかもしれませんね。 しかしそれは、とてももったいない事です。 暑い・人混みが嫌・面倒だ・など様々・・・