花火大会めぐり!日本全国を旅行しましょう のTOPに戻る
「花火大会めぐり!日本全国を旅行しましょう 」トップ >  花火大会を楽しむポイント > 花火大会での良い場所選びについて「風向き」や距離

花火大会での良い場所選びについて「風向き」や距離






楽しい花火鑑賞には他の様々なイベントと同様、ある程度の下調べが必要です。
花火大会といえば、「夏の風物詩」。毎年必ず出掛けるという方も居らっしゃるでしょう。その様な場合は、観覧などもある程度慣れているかもしれません。
今回は花火観賞の際に押さえておきたい基本的なポイントを見て行こうと思います。

まず、花火の観賞場所選びのポイントですが、とても重要なのは「風向き」です。自分達に向かって風が吹いて来る「風下」は当然の事ですが避けるのが賢明です。花火の燃えカスや煙などを避ける為です。
が、しかし「風向き」というのは、なかなか思い通りにはならない要素のひとつですね。昼間確認しておいても、夜になったら風向きが急に変わるという事もよくある話です。
上空の風の状態を知る方法としては、昼間に上げられる”呼び込み花火”が参考になります。この時に流れる煙の速さや方向などをしっかり観察しておくのです。
そして「どこに花火が並べてあるのか…」というのも、場所を決めるのには大切なポイントになります。

打ち上げ場所の確認には、プログラムを見てみたり、大会本部で聞いたりします。
花火と良い席との「間合い」はご自身の好みによるところが大きいです。
花火に近すぎると、迫力は満点ですが、長時間の鑑賞で首が痛くなるなどのマイナス点もあるので気をつけましょう。
それに、近すぎるとせっかくの綺麗な花火の形がよくわからない場合もあります。打ち上げる場所からおよそ400〜500m離れた辺りが、花火の形を美しく確認できる目安だそうです。

そして、花火大会の場所は暗くならないうちに探しておくのもスムーズな鑑賞には大切です。

見物場所に「ふさわしくない」場所としては、
夜店や仮設トイレ・通路や道路・駐車場の付近などが挙げられます。
そのほか放送用スピーカーに近い距離や、強力な仮設照明の近く、
巨大建築用シートの周辺などもそうです。
特に少人数で花火見物を楽しむ場合は、巨大建築用シートの近くは避けた方が無難です。なぜなら、巨大シートが敷き詰めてあると、大人数での宴会が始まる可能性があり、静かに花火観賞をしたい時には向きません。

そして「立入禁止区域」は決して入らないようにしましょう。

花火大会の鑑賞場所を決めるのにもコツがあるのですね。マナーを守った上での花火観賞をしたいものです。

関連コンテンツ

楽しく花火を観賞する為に知っておきたい知識やポイント

毎年恒例の夏のイベントというと、各地で開催される花火大会ですが、その花火観賞にこだわりはありますか?何か意識されている事はあるでしょうか。 そこで今回はより一層花火大会を楽しむ為に、花火観賞における・・・

子供連れでの花火大会に便利な物「ハーネス」で迷子防止

花火大会と言えば夏です。そして夏と言えば「夏休み」!の真っ最中に開催される花火大会が多いのですね。 子供を連れての花火見物でもしよう、と考え中の親御さんなども多いかもしれません。 がしかし、蒸し暑・・・

花火大会を選ぶポイント

花火大会のイメージ それは、窓越しからながめる遠い物…とか、 テレビ中継を想像される人も居るかもしれませんね。 しかしそれは、とてももったいない事です。 暑い・人混みが嫌・面倒だ・など様々・・・